戦国時代

日本史

日本人町の頭領・山田長政は何をした?最期は?妻と子孫は?

戦国時代から江戸時代にかけて、東南アジアに形成された日本人町。日本人町に住んでいた日本人といえば、山田長政を思い浮かべる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。日本人町の頭領・山田長政の生涯と壮絶な最期、妻と子孫を紹介します。
日本史

徳川家康が朱印船貿易を行った目的と形成された日本町

豊臣秀吉の治世で始まった朱印船貿易は、江戸幕府を開いた徳川家康の治世で最盛期を迎えました。何故、徳川家康は朱印船貿易に注力したのでしょうか。徳川家康が朱印船貿易を行った目的と形成された日本町を紹介します。
日本史

徳川家康が使っていた眼鏡の種類とかけていた理由

日本人の7割以上が眼鏡やコンタクトレンズを使って視力矯正をしているといわれていますが、江戸幕府初代将軍・徳川家康も眼鏡を使っていました。徳川家康が使っていた眼鏡の種類、眼鏡をかけていた理由を紹介します。
日本史

徳川家康が五街道を整備した目的と得られた経済効果をわかりやすく

国が管理している国道は規模が大きく、複数の都道府県を行き来するのにとても便利ですよね。実は、徳川家康が国道の元となる道・五街道を整備したんです。徳川家康が五街道を整備した目的と得られた経済効果をわかりやすく紹介します。
日本史

徳川家光(竹千代)の乳母・春日局の生涯と死因、徳川家康との関係

徳川家光を将軍に育て上げ、支え続けた乳母・春日局。徳川家光(竹千代)の乳母・春日局(福)の生涯と死因、徳川家康との関係を紹介します。
戦国時代

徳川家康が定めた武家諸法度の目的、内容、与えた影響

三男・徳川秀忠に将軍職を譲るも、大御所として政治の実権を握り続けていた徳川家康。元和元年(1615年)に発布した武家諸法度も徳川家康が制定したものです。徳川家康が定めた武家諸法度の目的、内容、与えた影響を紹介します。
日本史

大坂の陣の原因となった方広寺鐘銘事件は徳川家康の言いがかり?

大坂の陣が起きた原因は、慶長19年(1614年)7月に起きた方広寺鐘銘事件にあるとされています。方広寺鐘銘事件、鐘銘に対する徳川家康の指摘が正しかったのか、それとも言いがかりだったのかを紹介します。
日本史

徳川家康が朝鮮通信使を再開した目的と与えた影響をわかりやすく解説

室町時代に始まり、豊臣政権下で中止になった朝鮮通信使。朝鮮通信使を再開したのは徳川家康でした。徳川家康が朝鮮通信使を再開した目的と与えた影響をわかりやすく解説します。
日本史

徳川家康が定めた一国一城令の内容や目的、与えた影響をわかりやすく

慶長20年(1615年)5月に、大坂夏の陣で勝利して豊臣家を滅ぼした徳川家康。大坂夏の陣が終結した翌月、徳川家康は一国一城令という法令を制定しました。徳川家康が定めた一国一城令の内容や目的、与えた影響をわかりやすく解説します。