南北朝時代

南北朝時代

楠木正成の長男・楠木正行と足利義詮の墓が隣にある理由

楠木正成と足利尊氏は敵対していたにも関わらず、楠木正成の長男・正行の墓は足利尊氏の三男・義詮の墓の隣にあります。楠木正成の長男・正行の生涯、楠木正行と足利義詮の墓が隣にある理由を紹介します。
南北朝時代

楠木正成の菩提寺・観心寺の歴史と見どころ、アクセス

大阪府南部にある河内長野市は「ちかくて、ふかい 奥河内」として、日本人はもちろん、外国人にも人気です。その河内長野市で最も有名な観光スポットが観心寺。楠木正成の菩提寺・観心寺の歴史と見どころ、アクセスを紹介します。
南北朝時代

楠木正成に呼応して備後国で挙兵した桜山四郎入道の出自と自害した理由

元徳3年(1331年)に勃発した元弘の乱。元弘の乱の主な舞台は近畿ですが、備後国で挙兵した桜山四郎入道という武将がいました。楠木正成に呼応して備後国で挙兵した桜山四郎入道の出自と自害した理由を紹介します。
南北朝時代

北畠顕家が戦死した石津の戦いの経過と場所をわかりやすく

わずか16歳で陸奥守に任命された花将軍・北畠顕家。ところが、北畠顕家が最期を迎えたのは、陸奥国から遠く離れた和泉国の地でした。北畠顕家が戦死した石津の戦いの経過と場所をわかりやすく紹介します。
南北朝時代

北畠顕家が足利勢に初めて敗北した般若坂の戦い!敗因は?

南北朝時代で最強の武将の一人に数えられる北畠顕家。北畠顕家が初めて敗北した戦が、桃井直信・直常兄弟、高師直との般若坂の戦いです。般若坂の戦いと北畠顕家の敗因を紹介します。
南北朝時代

北畠顕家と土岐頼遠の青野原の戦いの経過と結果、その後

小山城の戦いをはじめ、足利勢(北朝勢)に次々勝利した北畠顕家ら南朝勢。北畠顕家を美濃国で待ち受けていたのは、猛将・土岐頼遠でした。北畠顕家と土岐頼遠の青野原の戦いの経過と結果、その後を紹介します。
南北朝時代

湊川の戦いはどこで行われた?楠木正成はなぜ負けた?

赤坂城の戦いと千早城の戦いで、鎌倉幕府を相手に奮戦した楠木正成。「軍神」とも呼ばれる楠木正成が負けて、弟と一緒に自害したのが湊川の戦いです。湊川の戦いが行われた場所、楠木正成が負けた理由を紹介します。
南北朝時代

片瀬川の戦いと杉本城の戦い!北畠顕家の勝因、斯波家長の敗因は?

17歳で鎮守府将軍に任命された北畠顕家と14歳で奥州総大将に任命された斯波家長。エリートと言っても過言ではない二人は、命を落とすほどの壮絶な戦いを繰り広げました。片瀬川の戦いと杉本城の戦い、二人の勝因と敗因を紹介します。
南北朝時代

豊島河原合戦の経過と敗北した足利尊氏が再起を果たすために講じた手段

足利尊氏が九州に落ち延びるきっかけとなった豊島河原合戦。でも、足利尊氏は九州に向かいながら、次の一手を打ちました。豊島河原合戦の経過、足利尊氏が再起を果たすために講じた2つの手段を紹介します。