北条氏直に嫁いだ徳川家康の次女・督姫!毒饅頭事件とは?

北条氏直池田輝政に嫁いだ徳川家康の次女・督姫。
督姫は実子・池田忠継を溺愛するあまり、義理の息子・池田利隆を暗殺するべく毒饅頭事件を起こしてしまいました。

徳川家康の次女・督姫の生涯、毒饅頭事件の真相を紹介します。

スポンサーリンク

徳川家康の次女・督姫は北条氏直と池田輝政の妻!

督姫は永禄8年(1565年)生まれで、徳川家康と側室・西郡局の間に次女として誕生しました。

天正3年(1575年)に生まれたという説もあります。

北条氏直に嫁ぐ

戦国武将の娘に生まれた督姫の最初の役目は、徳川家康が和睦した相手に嫁ぐこと。

おゆう
おゆう

天正10年(1582年)、織田信長が明智光秀に討たれる本能寺の変が起きました。

この時、織田信長の長男・織田信忠も自害に追い込まれ、織田家当主は一時的に不在となります。
徳川家康と相模国の北条氏政・北条氏直親子の間で、織田信長が統治していた甲斐国、信濃国の奪い合いが始まりました。

徳川家康はたった8000人の兵で北条軍3万5000人の兵を撃退し、徳川家康が勝利をおさめますが、織田信長の子どもは複雑な心境に。
織田信長の次男・織田信雄、三男・織田信孝は和睦するよう勧め、徳川家康と北条氏政は条件を確認したうえで和睦しました。

和睦の条件とは、
① 督姫を北条氏直の正室として嫁がせること
② 甲斐国、信濃国は徳川家康、上野国は北条氏政の統治とすること
の2つ。

天正11年(1583年)、督姫は北条氏直に嫁ぎ、摩尼珠院と万姫の2人の娘を授かりました。

未亡人となる

督姫と北条氏直が結婚し、徳川家と北条家は姻戚関係を築きましたが、両家の関係にヒビが入ったのは、それから7年後。
天正18年(1590年)、要請しても上洛しない北条氏政にしびれを切らした豊臣秀吉は北条家の本拠地・小田原城を攻めました。

北条家と姻戚関係を築いていた徳川家康は、北条家、豊臣家のどちらにつくかを悩みました。
というのも、天正12年(1584年)に起きた小牧・長久手の戦いで争い、和睦した徳川家康と豊臣秀吉もまた、姻戚関係を築いていたからです。

徳川家康は次男・結城秀康を豊臣秀吉に養子として差し出し、豊臣秀吉は妹・朝日姫を徳川家康に正室として差し出しました。

北条家と豊臣家に挟まれてしまった徳川家康は、北条氏政に降伏するよう呼びかけましたが、北条氏政は小田原城に籠城し続け、呼び掛けに応じませんでした。

おゆう
おゆう

豊臣秀吉が優勢になると、北条氏直は兵の命を助けることを条件に降伏。

北条氏直は高野山に流刑となり、督姫も高野山に移り住みましたが、天正19年(1591年)に北条氏直は亡くなり、督姫は未亡人となりました。

池田輝政に嫁ぐ

文禄3年(1594年)、豊臣秀吉に薦められて、豊臣家臣・池田輝政に継室として嫁ぎました。
二度目の政略結婚でしたが、督姫と池田輝政の夫婦仲は良く、池田忠継、池田忠雄、池田輝澄、池田政綱、池田輝興の5人の息子、千姫、振姫の2人の娘を授かりました。

お嬢ちゃん
お嬢ちゃん

慶長18年(1613年)、池田輝政が亡くなると、督姫は相続の手続きをするために駿府に向かいました。

池田輝政を亡くし、悲しみに暮れる督姫を気遣った徳川家康は、駿府でしばらく暮らすよう督姫に言い渡し、督姫と徳川家康は約30年ぶりに親子の時間を楽しみました。

慶長19年(1614年)に勃発した大坂冬の陣では、池田忠継が出陣。
督姫は家臣と手紙をやり取りし、池田忠継の活躍と無事を祈りました。

慶長20年(1615年)、督姫は徳川家康に会おうと二条城に向かいましたが、疱瘡(天然痘)にかかって、41歳(もしくは、51歳)で亡くなりました。

義理の息子・池田利隆を暗殺するべく起こした毒饅頭事件とは?

督姫が池田輝政の継室となる前、池田輝政は織田家臣・中川清秀の娘である糸子と結婚し、長男・池田利隆を授かっていました。

おゆう
おゆう

池田利隆は督姫が産んだ池田忠継より15歳年上。

池田忠継はわずか5歳にして岡山城主に任命されましたが、5歳では当然政務を行うことはできず、姫路城主を務めていた池田利隆が池田忠継に代わって政務を行いました。

姫路城主を務めながら、岡山城の政務をこなす池田利隆は、池田忠継にとって頼もしく、尊敬できる兄だったに違いありません。
でも、督姫は池田利隆をよく思っていませんでした。

坊っちゃん
坊っちゃん

というのも、池田輝政の跡継ぎは池田利隆だったからです。

長男が父の跡を継ぐのは一般的で、何もおかしいことはありません。
でも、自分の産んだ子どもが一番可愛い督姫は、池田輝政の跡継ぎが池田忠継ではないことを許せませんでした。

池田利隆と池田忠継の間に、池田輝政は3人の息子(次男・池田政虎、三男・池田輝高、四男・池田利政)を授かっていましたが、生母は皆側室で、池田輝政の跡継ぎには認められませんでした。

そこで、督姫は「池田利隆さえいなくなれば、池田忠継が跡継ぎになる」と考え、池田利隆の暗殺を企てました。

池田利隆が岡山城を訪れた際、督姫は饅頭に毒を盛り、池田利隆に差し出しました。
ところが、池田利隆は饅頭に手をつけようとしません。

おゆう
おゆう

というのも、侍女が手のひらに文字を書いて、毒が饅頭に入っていることを知らせていたんです。

池田利隆が饅頭を食べようとしないことを不思議に思った池田忠継は、督姫が池田利隆を暗殺しようとしていることに気付きました。

お嬢ちゃん
お嬢ちゃん

もし、池田利隆が毒の入った饅頭を食べたら、兄を失い、また、犯人である母をも失うかもしれません。

兄と母を失いたくなかった池田忠継は饅頭を奪い取り、池田利隆の代わりに食べて亡くなりました。

目の前でもがき苦しみ亡くなった池田忠継を見て、督姫は取り返しのつかないことをしてしまったと後悔しました。
督姫は残った饅頭を食べて、池田忠継の後を追うように亡くなりました。

ただ、紹介したように、督姫の死因は疱瘡(天然痘)とされています。
そのため、督姫が毒の入った饅頭を食べて亡くなったことはもちろん、督姫が饅頭に毒を盛って池田利隆を暗殺しようとしたこと、池田利隆をかばって池田忠継が亡くなったことは定かではありません。毒饅頭事件と呼ぶより、毒饅頭伝説と呼ぶほうが適しているのかもしれませんね。

まとめ

徳川家康の次女・督姫の生涯、毒饅頭事件の真相を紹介しました。

二人の夫に先立たれ未亡人となった督姫。
仲の良かった池田輝政を見送ったからこそ、督姫は池田忠継を溺愛してしまったのかもしれません。

池田忠継の後を追うように亡くなった督姫。
あの世で、督姫と池田忠継はどのような会話を交わしたのでしょうか。

大河ドラマ「どうする家康」をもっと楽しむなら、こちらのガイドブックがオススメです。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
ブログランキングに参加しているので、もし良ければクリックで応援をお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 

タイトルとURLをコピーしました