武田信玄

戦国時代

徳川家康と武田信玄の野田城の戦いと見せた不可解な行動の理由

元亀3年(1572年)10月13日から始まった徳川家康と武田信玄の戦いも、野田城の戦いをもって終結します。徳川家康と武田信玄の野田城の戦い、武田信玄が見せた不可解な行動の理由を紹介します。
日本史

三方ヶ原の戦いがよく分かる犀ヶ崖資料館の見どころとアクセス

徳川家康の人生最大の危機といわれる三方ヶ原の戦いと大敗したその日の夜に武田軍を襲撃した犀ヶ崖の戦い。三方ヶ原の戦い、犀ヶ崖の戦いについて知りたいなら、犀ヶ崖資料館に行くのがオススメです。犀ヶ崖資料館の見どころとアクセスを紹介します。
戦国時代

徳川家康と武田信玄の犀ヶ崖の戦いが由来の地名・布橋と遠州大念仏

三方ヶ原の戦いで武田信玄に破れ、浜松城に逃げ帰った徳川家康。でも、その日の夜、徳川家康は犀ヶ崖で武田軍に再び挑みました。徳川家康と武田信玄の犀ヶ崖の戦いが由来の地名・布橋、遠州大念仏を紹介します。
日本史

三方ヶ原の戦いのきっかけ、勝者と敗因、布陣、その後をわかりやすく簡単に

武田信玄を相手に繰り広げられた、徳川家康の人生最大の危機ともいわれる三方ヶ原の戦い。三方ヶ原の戦いはどうして起きたのでしょうか。三方ヶ原の戦いのきっかけ、勝者と敗因、布陣、その後をわかりやすく簡単に紹介します。
日本史

徳川家康と武田信玄の二俣城の戦いの経緯と経過、与えた影響

徳川家康と武田信玄は一言坂の戦い、二俣城の戦い、三方ヶ原の戦い、野田城の戦いという4つの戦いを繰り広げましたが、この中で、武田信玄が最も苦戦したのが二俣城の戦いです。二俣城の戦いの経緯と経過、与えた影響を紹介します。
日本史

本多忠勝が殿を務めた一言坂の戦いの経過と勝敗、場所、徳川家康の脱糞説

徳川家康の負け戦として知られる三方ヶ原の戦い。三方ヶ原の戦いには二俣城の戦い、二俣城の戦いには一言坂の戦いという前哨戦がありました。本多忠勝が殿を務めた一言坂の戦いの経過と勝敗、場所、徳川家康の脱糞説を紹介します。